監視カメラは、おもに金融関連の銀行や郵便局などの防犯用として設置されていることが多かったのですが、強盗や誘拐など頻繁に起きる事件から、街の安全や個人を守るために街中にある商店街やコンビニエンスストアなど至るところに設置されるようになりました。

テレビのニュース番組などでも、事件が発生すれば誘拐犯がこの店の前を通過したなどと監視カメラに映った映像が放送されることが度々あります。このように心から安心することのできない現代では、多くの監視カメラにより私たちの生活が守られていると言っても過言ではありません。

監視カメラさて、監視カメラには多くの装置がついています。撮影した映像は保存して記録します。記録された映像データは伝送されて更に保存されます。また映像をアップにして顔やナンバープレートを解析する処理能力もあります。信号伝送方法では閉鎖回路テレビとも呼ばれていることからその頭文字を取り、CCTVという名前がついていて、海外ではこの呼び方が一般的です。

このような監視カメラは、交通機関の駅やホームにも設置されることにより、近年多発している海外でのテロ事件において、犯罪者の顔を撮影するなど大活躍しています

このような犯罪抑止力の高い監視カメラを防犯用に使用することは可能なのでしょうか?個人的に自宅の周囲に設置したい場合など、どのように扱えばいいのでしょうか?個人情報が映りこむ訳ですから、使用する際には十分に理解しないといけませんね。