監視カメラで両立する

監視カメラが既に設置されている場合には、追加で防犯カメラを取り付ける必要は無いでしょう。監視カメラが防犯用として活躍してくれるはずです。ものによっては補助金交付が受けられるものもあるようですので、設置前に確認してみるといいです。

監視カメラはコードが無くてもWi-Fiで繋げることが可能です。どこにいてもパソコン上でリアルタイムに監視カメラをチェックすることができるので安心できます。

警備保障会社の監視カメラを設置していれば、さまざまなサービスを利用できます。もしも、不審者がカメラに映りこんだ場合には、警備会社に連絡が入り、あっという間に警備員が数名体制で到着するでしょう。このように警備会社と契約することで防犯対策が万全になるのです

監視カメラを防犯カメラとして使用した場合ですが、玄関先・駐車場の入り口・ベランダ周辺などに設置するといいですね。マンションなどでは、玄関先に防犯カメラがありますので特に設置する必要もないでしょう。

監視カメラでも防犯用として使用することができます。一からカメラを揃えなくても大丈夫なこともありますのでまずは、どのようなカメラを揃えるべきか専門家に確認してからでも遅くはないでしょう。

防犯カメラとの違い

ところで防犯カメラと監視カメラは同じものではないのか?と疑問を持たれる方もいるはずです。防犯目的として設置するカメラは、防犯カメラ。いろいろな施設などに設置して、防犯だけでなく防災などの観点から使用するためのものを監視カメラと呼称されています

街中の不審なものを監視していただけの監視カメラをもっと有効活用するために、防犯カメラとして使用する場合の注意点などを探ってみましょう。

防犯カメラ防犯カメラは本来、犯罪を抑止するために出入口などに設置しています。個人情報が溢れている施設などでは、監視カメラからさまざまな情報が漏れてしまうことを恐れて、警備会社など一定のスタッフが、システム上でしか管理することができません。自宅の内部や、病院などの個室には設置しないのが一般的でしょう。

防犯目的で監視カメラを有効活用することはできないのでしょうか?既に監視カメラが設置されている場所も多くありますが、防犯抑止のためだけに防犯カメラを取り付けることは、簡単なことですが、街中が監視・防犯カメラだらけになってしまうでしょう。これでは四六時中、私たちの行動が見張られていることと何の変りもありません。できれば、カメラの数を増やすことなく防犯対策ができる仕組みを考えるべきだとおもいます。

監視カメラの役目

監視カメラは、おもに金融関連の銀行や郵便局などの防犯用として設置されていることが多かったのですが、強盗や誘拐など頻繁に起きる事件から、街の安全や個人を守るために街中にある商店街やコンビニエンスストアなど至るところに設置されるようになりました。

テレビのニュース番組などでも、事件が発生すれば誘拐犯がこの店の前を通過したなどと監視カメラに映った映像が放送されることが度々あります。このように心から安心することのできない現代では、多くの監視カメラにより私たちの生活が守られていると言っても過言ではありません。

監視カメラさて、監視カメラには多くの装置がついています。撮影した映像は保存して記録します。記録された映像データは伝送されて更に保存されます。また映像をアップにして顔やナンバープレートを解析する処理能力もあります。信号伝送方法では閉鎖回路テレビとも呼ばれていることからその頭文字を取り、CCTVという名前がついていて、海外ではこの呼び方が一般的です。

このような監視カメラは、交通機関の駅やホームにも設置されることにより、近年多発している海外でのテロ事件において、犯罪者の顔を撮影するなど大活躍しています

このような犯罪抑止力の高い監視カメラを防犯用に使用することは可能なのでしょうか?個人的に自宅の周囲に設置したい場合など、どのように扱えばいいのでしょうか?個人情報が映りこむ訳ですから、使用する際には十分に理解しないといけませんね。